{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

【DVD】根本裕幸 自己嫌悪克服トレーニング~自己攻撃パターンからの脱出~※パソコンでのみ再生可(DVDプレーヤーの場合、音飛びの可能性があります)

¥13,750 税込

送料についてはこちら

【収録時間】 1時間47分 ※1時間18分39秒から1時間19分10秒の間、機材トラブルにより画像に乱れがございます。 ※1時間18分39秒以降、撮影機材変更により音声と画質が変わっております。 その点ご了承下さい。 【内容説明】 先日、クライアントさんから「自己嫌悪克服トレーニングに興味があるんですけど、かなりヤバい内容ですか?いっぱい泣きますか?」という率直な質問をいただきました。 「気合を入れて参加せよ」という文字があったので、それを気にされているようです。 ※ちなみに彼女は筋金入りの武闘派女子です。 「たぶん、すごく向いてると思うよ」とできるだけ爽やかにお伝えし、彼女も「前向きに検討してみます。たぶんオンラインになると思いますけど。しかも大阪の日に」なんておっしゃっていたので、「東京に住んでるんやったら会場に突撃せよ!」と言いかけましたが、プライベートを尊重することにいたしました。 とりあえず、みなさま、この日のためにノートを用意してくださいませ。 使い古しのもので結構です。 そこにいろいろと書き込んでいきます。 パソコンやタブレットなどでも構いませんが、「筆圧」を実感できるノートの方がきっと効果が高いと思います。この点は御恨み帳と同じ。 さて、私たちって知らないうちに自分を責めたり、自分をいじめていたり、自分を傷つけていたり、自分を罵倒したりしているんです。 「もしあなたが自分自身にやってることを他人にやったら確実に傷害罪で起訴されるレベルじゃね?」なんて言います。 けれど、多くの人はそのことに自覚がありません。 自分を責めることがまるで自分に厳しく接することだと思い、人生を修行と捉え、日々滝に打たれるが如く、自己否定を繰り返す人もいます。 けれど、それが当たり前になってしまって自覚がなくなるんですよね。どれくらい自分がボロボロなのかも分からなっているかもしれません。 厳しくするならその分、ねぎらってあげる必要があります。 頑張ることは悪いことではないですが、その分、きちんとお休みも必要です。 競走馬もスタートからゴールまでムチを入れっぱなしだったらレースどころか競争中止になってしまいます。 修行もその先に悟りや解脱や直感を磨くなどのヴィジョンが見えているからこそ意味を成してきます。 しかし、多くの自己嫌悪はただただ自分を傷つけるためだけに行われているように思えるのです。 知らず知らずのうちに自己嫌悪をし、自己否定を繰り返し、自分いじめを習慣化させてしまうのが「自分に厳しい私たち」なのかもしれません。 さて、今回のトレーニングでは、そんな「つい癖で」「知らん間に」「無意識に」「気が付けば」やってしまっている自己嫌悪を「顕在化」することをまずは目指すんです。 自分が自分にどれくらいひどいことをしているのかをまずは実感するところから始まります。 この時点でけっこう痛いかもしれません。 けれど、まずは現実を知ること。 このトレーニングの目標はそんな自己嫌悪を自覚し、手放すことを目指します。 「あ、またやってる」と気づくことができれば手放すことも可能になっていきます。 だから、自己嫌悪がなくなったらどうなるか?という話もちょくちょくさせていただこうと思います。 皆さんはもし自己嫌悪がなくなったらどうなると思いますか? 楽になりますね。ほんと楽になります。 慢性的な肩こりや片頭痛、腰痛などがなくなったという人もいます。 さらに生理痛や生理不順がマシになったという報告もあります。 そして、何よりヒマになったという声をよく耳にするのです。 自分を責めていた時間がなくなるわけですから、ヒマになるんです。意外ですよね? でも、その後、ある変化を皆さん体験されます。 それは自然とエネルギーが湧き上がってくるような、やる気が勝手に出てくるようになる、というもの。 今まで押さえつけていた自分自身のエネルギーが解放されるのでしょう。 実は「自己嫌悪」と「セクシャリティ」は密接なつながりがあります。 自己嫌悪がマシになればなるほど、セクシャリティも解放されていくんです。 だから、表情や雰囲気も変わらざるを得なくなります。 これはすごく大切で、生きやすくなるだけでなく、フットワークがさらに軽くなったり、行動的になったり、自由を感じられるようになります。 もちろん、自分のことも好きになります。自己肯定感が自然にあがっています。 そうするとライフワークのようなものがはっきり自覚できたりします。 引き寄せる力が強くなったり、不思議と周りの人間関係がいいものになり、素敵な人との出会いがぐっと増えます。 なんかいい変化ばかりですね。笑 でも、逆に言えば自己嫌悪というのはそれくらい自分のエネルギーを封印し、自分を縛り上げ、自分を不自由にしているんです。 自己嫌悪が強いと自覚がある人は、もしかしたら自分本来のエネルギーの大部分を抑圧しちゃってるのかもしれません。 だから、人生が面白くないし、恋もイマイチだし、なんか面白くない毎日だし、未来がそんなに楽しみじゃないのかもしれません。 そんな自己嫌悪と向き合い、乗り越える体験を一人でも多くの方にしていただきたいと思います。 よし!自己嫌悪はもう卒業しよう! そう思われたらぜひご参加ください。 仲間たちと一緒に乗り越えていきましょう!!