【DVD】根本裕幸 コミットメント~選択し続ける勇気と秘訣~ ※パソコンでのみ再生可(DVDプレーヤーの場合、音飛びの可能性があります)
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

【DVD】根本裕幸 コミットメント~選択し続ける勇気と秘訣~ ※パソコンでのみ再生可(DVDプレーヤーの場合、音飛びの可能性があります)

¥6,050 税込

送料についてはこちら

【予告動画】 https://www.youtube.com/watch?v=_Rx074Qt4ZI&t=26s 【収録時間】 1時間42分 【内容説明】 「今の彼にコミットすることが今は大事だと思う。」 「まだまだライフワークを生きることにコミットメントが足りないんじゃない?」 そんなニュアンスで語られる「コミットメント」という心理学用語。 日本語にすると次のような意味になります。 ・覚悟を決めること。 ・選択し続けること。 ・決意すること。 ・腹をくくること。 さらに拡大解釈すれば、 ・信頼し続けること ・全責任を負うこと ・あきらめないこと ・まな板の上の鯉になる ・サレンダーする などと言えるでしょう。 なんか、この言葉の羅列だけで「うっ」と引いてしまいそうな皆さんにお届けする「コミットメントの心理学講座」です。 「今の彼にコミットする」とは、日本語ではこういう風に訳せると思います。 「私は今の彼のことを一瞬、一瞬選び続けることを決めます!」 「私は今の彼と幸せになることを選択し続けます!」 コミットメントというのは、AとBという選択肢があった場合、常にAを選び続ける覚悟のことを言います。 一瞬、一瞬、AとBのうち、Aを選ぶ、という行為を続けることなのです。 つまり、Bという選択肢を消すことをしないのですね。 (Bを消してAのみを残すと、コミットメントではなく、執着になってしまう) これは私たちの決意がほんとうに試されることですし、なかなか難しいことと言えます。 要するに「肚をくくる」「覚悟を決める」ということです。 * コミットメントを阻むのは感情です。 怖れ、不安、罪悪感、無価値感、無力感、自信のなさ、自己肯定感の低さ、、、様々な感情が選択することを迷わせます。 怖れや不安は歩みを止め、その場にとどまらせようとします。 罪悪感は巧みにあなたを幸せに導かないような選択肢を示します。 無価値感はあなたのする選択を無価値なように思わせます。 無力感はあなたにはコミットなんてできないと思わせます。 そうした感情を抑圧し、否定するのではなく、また、逃げ出すのではなく、それらの感情、ひとつひとつ向き合い、乗り越えていくこともまたコミットメントです。 「何があっても私はやり遂げる!」という意欲がコミットメントの代表的な表現でありますが、それだけではありません。 選択肢があることを分かった上で「自分にはこの生き方しかできない!」と決めることもまた、腹をくくることになります。 本質的なコミットメントには、そうした湧き上がる感情と向き合うだけでなく、「自分を知ること」「自分を受容すること(自己肯定感)」「自分軸であること」などが求められます。 他人の影響を受けることなく、自分らしい選択をし続けることがコミットメントです。 そんなとても難しい概念であるコミットメントは「男性性」と「女性性」のバランスから生まれるものでもあります。 だから、このコミットメントを学ぶことにより、自分自身を成長させ、自分らしい人生を生きる決意を固めてくれるものと思っています。 もし、あなたが決め切れない何かをお持ちであれば、 もし、あなたが何かに迷っているのであれば、 もし、あなたがこれから先の人生を考えているのであれば、 もし、あなたがライフワークを生きたいのであれば、ぜひ、お聞きいただきたいテーマです。